たけぞうと学ぶ株の世界 > 注目記事一覧 > 米国株の11種類のセクターとは?主要銘柄と一緒に解説!
注目記事一覧

米国株の11種類のセクターとは?主要銘柄と一緒に解説!

注目記事一覧

セクターとは

株式投資におけるセクターとは、業種、テーマ、材料など株式の特性に着目して分類したグループのことです。
ファンドマネージャーやアナリストは、セクターごとに業績の比較をしたり、セクター内で株価が割高か割安かを比較するなどして、それを投資の判断材料としています。

米国11セクターと主要銘柄

①情報技術セクター

米国を中心としたコンピューターやソフトウエア、インターネット企業

1.アップル(APPL)20.1%

2.マイクロソフト (MSFT)16.8%

3.エヌビディア(NVDA)3.7%
VGT(情報技術) 引用先 ストックチャート

②ヘルスケアセクター

医薬品、ヘルスケア機器・用品、ヘルスケア・サービスやバイオテクノロジーなどの業種に分類される企業

1.ジョンソン&ジョンソン(JNJ)7.4%

2.ユナイテッドヘルス(UNH)6.4%

3ファイザー(PFE)3.9%
VHT(ヘルスケア) 引用先 ストックチャート

③一般消費財

サービス、小売、ホテル・レストラン・レジャー、自動車、家庭用耐久財などの業種に分類される企業 

1.アマゾン(AMZN)22%

 2.テスラ (TSLA)9.4% 

3.ホームデポ(HD)6.4%
VCR(一般消費財) 引用先 ストックチャート

④コミュニケーション

サービス双方向型メディアおよびサービス、娯楽といった業種に分類される企業

1.フェイスブック(FB)17.2%

2.アルファベットA(GOOGL)12.3%

3.アルファベットC(GOOG)12%

4.ディズニー(DIS)5.7%
VOX(コミュニケーション) 引用先 ストックチャート

⑤資本財

航空宇宙・防衛、建設関連製品、建設・土木、航空貨物・物流サービス、旅客航空輸送業、陸運・鉄道、運送インフラ等の業種に属する企業

1.ハネウェル(HON)3.8%

2.ユニオンパシフィック(UNP)3.4%

3.ユナイテッド・パーセル(UPS)3.2%
VIS(資本財) 引用先 ストックチャート

⑥金融

商業銀行、資本市場、各種金融サービス、保険、モーゲージREIT等の業種に属する企業

1.JPモルガンチェース(JPN)9.2%

2.バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)7.6%

3.バンク・オブ・アメリカ(BAC)5.9%
VFH(金融) 引用先 ストックチャート

⑦生活必需品

家庭用品、食料、飲料や食品・生活必需品小売などの業種に分類される企業

1.プロクター・アンド・ギャンブル(PG)14.2%

2.コカコーラ(KO)9.1%

3.ペプシコ(PEP)8.5%
VDC(生活必需品) 引用先 ストックチャート

⑧素材

化学、建設資材、容器・包装、金属・鉱業、紙製品・林産品の業種に属する企業

1.リンデ (LIN)12.7%

2.シャーウィン・ウィリアムズ  (SHW)5.8%

3.エアー・プロダクツ・アンド・ケミカルズ(APD)5.1%
VAW(素材) 引用先 ストックチャート

⑨エネルギー

主に石油を中心としたエネルギー関連の販売、精製、輸送などを事業とする企業

1.エクソンモービル(XOM)21.9%

2.シェブロン(CVX)17.6%

3.コノコフィリップス(COP)6.2%
VDE(エネルギー) 引用先 ストックチャート

⑩公益

電気、ガス、水道などのインフラを提供する企業

1.ネクステラエナジー(NEE)14.2%

2.デューク・エナジー(DUK)7.5%

3.サザン・カンパニー(SO)6.2%
VPU(公益) 引用先 ストックチャート

⑪不動産

不動産の販売や賃貸、管理の事業を行う企業

1.アメリカン・タワーREIT(AMT)8.1%

2.プロロジスREIT(PLD)6.1%

3.クラウンキャッスル(CCI)5.4%
IYR(不動産) 引用先 ストックチャート
毎朝メルマガを配信しています。

皆さまの日頃の投資術にプラスして何か一つでもヒントになればとの思いで書いています。
ぜひ一度ご購読ください。
よろしくお願いいたします。
トレーダーズショップ: たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ
takezoをフォローする
たけぞうと学ぶ株の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました