たけぞうのセミナー情報 2022年11月・12月 (随時更新)

【円安】24年ぶりの円安・ドル高水準を更新

9月7日の東京外国為替市場の円相場は、円売りドル買いが進み、1ドル=144円台を付け1998年8月以来、24年ぶりの円安・ドル高水準を更新しました。

目次

円安加速の背景

米連邦準備理事会 (FRB) の 「金融引き締め」 が長期化するとの観測から、米長期金利が上昇。

⬇️

日米金利差の拡大を見込む 「円売り・ドル買い」の動きが強まる。

9月6日に発表された8月の米ISM非製造業総合景況指数は「56.9」と前月から0.2ポイント上昇しました。市場予想の「55.5」に反して改善し、 FRBの利上げを後押しする内容だと受け止められ、米長期金利が大幅に上昇し、円売りドル買いの動きが強まっています。
また、ドルは主要10通貨に対してほぼ全面高となっています。

円安メリット

円安になると輸出先で商品が安値になるため、販売数増加に繋がります。
自動車、電機、精密機器、機械などが主力の輸出企業は円安が株価の上昇要因となります。

円安デメリット

原材料を輸入に頼っている企業(石油・ガス、食料品、輸入家具、紙・パルプ、木材など)は円安が株価の下落要因となります。

【PR】

以下の画像↓をタップまたはクリックし、メールアドレスをご登録いただくと無料で株式投資に関する情報が受け取れます。

  • 毎週無料で銘柄を2つ提供
  • 提供した銘柄のサポート

メールアドレスのご登録のみで情報が受け取れます!⇒ゴールドリサーチ投資アドバイザリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次