たけぞうと学ぶ株の世界 > 株の始め方 > 【株式投資に必須】株式投資におすすめの情報源・無料で閲覧できる方法もご紹介!
株の始め方

【株式投資に必須】株式投資におすすめの情報源・無料で閲覧できる方法もご紹介!

株の始め方

投資を行う際、どんな情報サイトを参考にしたら良いかわからない、おすすめの情報源が知りたいという方に…
株式投資に何年も携わってきた「たけぞう」が普段活用している情報サイトと有料情報を無料で閲覧できる証券会社をご紹介します!

たけぞうが活用している情報サイト

・株探
・適時開示情報閲覧サービス
・EDINET
・Yahoo!ファイナンス(Web・アプリ)

株探

引用先 株探
株式情報サイト「株探」は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが提供・運営しているサイトです。
株価、ニュース、決算、テーマや企業情報など様々な情報が満載で、有望株(銘柄)の発掘・選択をサポートしてくれます。
また、株価変動要因となる情報や株式の売買タイミングに役立つ情報、迅速な投資判断ができる仕組みも提供しています。

たけぞうのおすすめポイント

様々な株式情報サイトを見ていますが、株深の銘柄情報はどの情報サイトよりも詳細かつ、分かりやすくまとめられていると感じます。
さらに投資家へのインタビュー記事や毎日更新される「明日の好悪材料をチェック」なども参考にしています。
そして、私は「本日の活況銘柄」(約定回数上位)を確認しつつ、それにより資金や注目がどこに集まっているかを把握し、その時その瞬間の市場の動きを判断することが多いです。
株深の「本日の活況銘柄」は、どなたでも無料で閲覧できますがリアルタイムで確認したい方は株深プレミアムへの登録が必要です。
引用先 株探
もうひとつ、株深は決算などの開示情報の掲載が早く、さらに開示された情報の内容を分かりやすく記事にまとめています。そして四半期業績推移なども見やすいです。
上記のことから、決算や業績情報は株深で確認することが多いです。

株探 | 決算速報 – 決算発表・業績修正の分析記事をリアルタイムで配信 (全ての上場会社を提供) (kabutan.jp)


株深はその名の通り、銘柄分析から市場動向など株についての情報がたくさん詰まっているので株取引を行う上で必須の情報サイトだと思います。

株探 | 【株式の銘柄探検】サイト – 株式投資の銘柄発掘をサポート | かぶたん (kabutan.jp)

適時開示情報閲覧サービス

「適時開示情報閲覧サービス」は日本取引所グループが提供している情報閲覧サービスです。会社が公開した情報(適時開示情報)をリアルタイムで閲覧できます。

たけぞうのおすすめポイント

開示情報は常に更新されますが、特に大引け(15:00)直後に情報を開示する企業が多いので、私は大引け直後に適時開示を確認しています。
会社情報をいち早く知ることにより、夜間取引や翌営業日の株式市場で有利に売買できる可能性が高くなります。
また、インパクトの大きい開示情報はTwitterで共有することもあります。

適時開示情報閲覧サービス – 開示情報一覧 (tdnet.info)

EDINET

EDINETとは金融庁が公開した「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」のことです。

もう少し、分かりやすく説明しますと…
有価証券報告書などを開示、閲覧するシステムのことで、EDINETでは気になる企業の有価証券報告書の閲覧やダウンロードが簡単に行えます。

たけぞうのおすすめポイント

EDINETは大量保有報告書を確認する時に使用しています。

※大量保有報告書とは、金融商品取引法に基づき、発行済株式数の5%以上を保有した際、大量保有開示制度によって内閣総理大臣に提出が義務づけられている法定書類のことです。

私は毎日、大量保有報告書を確認しています。そして、株価に影響がありそうな報告書の内容を抽出し、メルマガにて配信しています。

EDINET (edinet-fsa.go.jp)

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスはWebサイト版とスマホアプリ版があります。

Yahoo!ファイナンス(Webサイト版)

引用先 Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンスは投資やマネーに関する総合サイトです。主に株主優待やIPO情報、株式ランキング、銘柄別の掲示板や銘柄関連ニュース、経済ニュースなどを発信しています。
さらに、投資信託や外国為替、米国株などの情報も満載です。
また、ポートフォリオ機能も使用できます。

株式 – Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスアプリ

引用先 Yahoo!ファイナンスアプリ
Yahoo!ファイナンスアプリでは株式や外国為替、FX、投資信託など、各種金融商品の値動きが見られます。
銘柄の検索やチャートなど各種情報、ランキングなどの表示に加え、Yahoo! JAPANにログインするとパソコン版のポートフォリオをアプリでも表示・編集できます。
また、設定した株価になると通知される「アラート機能」も使用できます。

株価アプリの決定版! – Yahoo!ファイナンスアプリ

たけぞうのおすすめポイント

Yahoo!ファイナンスは主に、米国個別銘柄の動向を確認する時に使用しています。
「米国株ランキング」は値上がり率、値下がり率、出来高、売買代金、時価総額の5つの項目が確認でき、とても見やすく表示されるので重宝しています。
また、スマホアプリは銘柄を検索すると、チャート、ニュース、企業情報、業績、信用残などがすぐに表示されるので、外出時など、銘柄情報をサクッと知りたいときによく使用しています。

有料情報が無料で読める?! 「情報力」に優れた証券会社をご紹介!

先程ご紹介した情報サイト以外にも、株式投資に役立つ情報を配信している媒体はたくさんあります。
これらの情報は無料で閲覧できるものから有料(月額制や年間購読など)のものまで様々です。

ただ、有料情報の中には証券会社の口座開設をするだけで無料で読めてしまうものもあります。
そんな、お得な証券会社と株式情報をいくつかご紹介します。

楽天証券

日経テレコン(楽天証券版)

楽天証券は「日経テレコン(楽天証券版)」が無料で閲覧できます。
日経テレコン(楽天証券版)の内容は、

・日本経済新聞(朝刊・夕刊)日経産業新聞日経MJなどの閲覧(3日分)過去1年分の新聞記事検索日経速報ニュース

です。口座開設をするだけでiSPEEDやマーケットスピードから閲覧できます。
日経新聞は株式投資に活用する情報が満載なので、是非利用したいですね。

スマホアプリ「iSPEED」で日経テレコンを表示させる方法

引用先 楽天証券公式サイト
引用先 楽天証券公式サイト

PCツール「マーケットスピードⅡ」で日経テレコンを表示させる方法

引用先 楽天証券公式サイト

DMM.com証券(DMM株)

株式新聞Web

DMM株では多くの投資家が購読している株式新聞(モーニングスター社発行)のWeb版が無料で読めます。
株式新聞Webは、注目の大型株の情報はもちろん、中小型株や新興市場、IPO情報など株式市場についての情報がとても充実しているので投資家必須の情報源と言っても過言ではないでしょう。

また、株式新聞Webの購読料は通常、月額4,400円で年間購読の場合52,800円かかります。

DMM株の無料口座開設をするだけでいつでも無料で読めるのはとてもお得ですね。

DMM株で株式新聞Webを読む手順

引用先 DMM.com証券公式サイト
引用先 DMM.com証券公式サイト
引用先 DMM.com証券公式サイト
引用先 DMM.com証券公式サイト
DMM.com証券

松井証券

松井証券 口座開設申込

QUICKリサーチネット

他のネット証券では有料の「QUICKリサーチネット」を、松井証券は無料で提供しています。

QUICKリサーチネットは、個別銘柄や国内経済に関する情報が得られる「レポート総合」や独自取材により最新の情報を表示する「株主優待」などの情報が得られます。

質の高い有料情報が、口座開設のみで得られるのは松井証券の魅力の1つですね。
ネット株取引を始めるなら、総合力で松井証券。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
最後に…「有料情報」ではないですが、岡三オンライン証券の株式情報について少しご紹介させていただきます。

岡三オンライン証券では、岡三グループの豊富なアナリスト陣が以下のようなコンテンツで情報発信を行っていて、ユーザーの強い味方となっています。

岡三オンライン証券の主な情報配信コンテンツ

メルマガ
「岡三オンラインマガジン」(日刊・週刊配信)

Youtubeチャンネル
「岡三オンライン証券」

ユーザー専用 投資情報総合ページ
「投資情報局」


また、岡三オンライン証券では2021年から「サポートコース」というサービスが開始されました。このサポートコースでは、「くりっく365」「くりっく株365」の取引ができ、また、専門家から直接、マーケット情報や相場の見通しを電話や対面でアドバイスを受けれます。
FXやCFDの取引を始めてみたい方や、オンライン取引を始めたいけど自分ひとりで取引することに不安がある方におすすめのサービスです。
岡三オンライン証券

おすすめ株式情報源まとめ

 以上、情報サイトや情報媒体のご紹介でした。

ぜひ皆さんも、私が普段利用しているサイトを活用してみてください! 
また、証券口座の開設のみで有料情報が無料閲覧できる仕組みは大変お得です。(証券口座の開設は無料です)これを知らず、利用しないのはもったいないですね。

賢く有効活用しましょう!
楽天証券「日経テレコン(楽天証券版)」
口座開設は下記URL↓よりお申込みいただけます(公式サイトに移行します)
楽天証券

DMM.com証券「株式新聞Web」
口座開設は下記URL↓よりお申込みいただけます(公式サイトに移行します)
DMM.com証券

松井証券「QUICKリサーチネット」
口座開設は下記URL↓よりお申込みいただけます(公式サイトに移行します)
松井証券

岡三オンライン証券
口座開設は下記URL↓よりお申込みいただけます(公式サイトに移行します)
岡三オンライン証券
takezoをフォローする
たけぞうと学ぶ株の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました