注目記事一覧

中国恒大 不安

注目記事一覧

中国恒大 問題に至るまでの経緯

・中国広東省深センに本社のある不動産デベロッパー企業
2009年に香港証券取引所に上場

・1996年設立からわずか25年あまりで、一時は日本円にしておよそ5兆円の時価総額

・借入金などで経営にレバレッジを効かせ、急速な土地の取得やM&Aを推進

・2000年代前半に中国の都市部における不動産価格の高騰をうまく捉え、16年には不動産販売額が国内トップ

・AFCチャンピオンズリーグ(サッカー)  2012-13  2014-15 優勝

許家印会長の個人資産もこの時には5兆円近くまで膨れ上がる
現在は90億ドル(約9900億円)を下回る

・2018年頃から不動産市況の成長率鈍化と、中国恒大集団の規模が拡大することによる成長率鈍化

・ミネラルウォーターやサッカースクール、老人ホームにも手を出していたが、18年には電気自動車(EV)事業にも進出

↓

多角化経営が裏目に…


・中国恒大の負債額は、20年12月時点で33.14兆円、負債比率は1327.9% 
今年6月の有利子負債は9兆7000億円

・今月23日には日本円にして合わせておよそ130億円の社債の利払いの期限を迎える

・ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズなどの格付けを相次いで引き下げた

・巨大企業の破綻を中国政府が放置する可能性は非常に低いと見る向きも

中国政府の対応

・去年8月、不動産業者に対して負債を一定の規模に抑えることなどを定めた「3つのレッドライン」と呼ばれる基準を提示し、守れなかった企業に対して借り入れ制限を導入

・今年1月からは金融機関に対して住宅ローンの融資額などに上限を設ける、不動産開発投資の伸びを抑える

・当局が“参考価格”を提示することで中古マンションの実質的な価格統制を行うなど、不動産をめぐる投機規制の動きが著しい

会社側の動き

・香港で上場しているネット事業や地方銀行、中国本土の不動産会社などの保有株を売却

・香港本部ビルの売却では難航

・新たな規制によって未完成の不動産物件を販売できなくなった

中国恒大の利払い日(日経新聞参照)

・9/23     2億3200万元、8353万ドル

・9/29    4750万ドル

・10/12   1億4813億ドル

・10/19   1億2180億元

・10/30  1425万ドル

・11/8    8249万ドル

・12/28   2億5520万ドル

ー追記ー

【2021年9月23日までに明らかになったこと】

 ・恒大の年内の利払いは社債だけで700億円を超え。 

・恒大は22年に計6本、残高計76億ドル相当の社債償還期限を迎える。 

・22年満期の社債の流通市場での利回りは320~630%となっており、新規発行による借り換えは難しい。

【2021年9月25日までに明らかになったこと】

 ・複数の米メディアは24日、中国恒大は23日期限のドル建て債券の利払いが出来なかったと報じた。 
中国恒大は、23日までに8350万ドル(約92億円)の利払いをする予定だった 

・30日間の猶予期間内に支払えなければ、正式に債務不履行(デフォルト)となる。 

【2021年10月12日までに明らかになったこと】

 ・中国恒大集団は10月12日、社債の利払いを再び見送った。 

・利払い遅延はこの3週間で3回目となる。 

・一部の債券保有者は中国恒大の022年4月償還債、23年4月償還債、24年4月償還債にかかる総額 1億4800万ドルの利払いについて、日本時間12日午後時までに受け取れていないと証言。 

・猶予期間の30日間が終了すれば投資家は多額の損失を被る可能性がある。 

【2021年10月21日までに明らかになったこと】

中国の不動産大手、中国恒大集団の米ドル債の利払い期限が10月23日に迫る

 ・恒大は9月23日が期限だった米ドル債の利払いを見送った。この社債には30日間の猶予期限があり、10月23日までに利払いしないと正式に格付け会社からデフォルトと認定される。  

・10月20日には恒大グループの不動産管理会社、恒大物業集団の売却交渉を打ち切ったと発表した。資金繰り改善のめどは立っておらず、同社債はデフォルトに陥る可能性がある。  

・恒大の場合、29日に期限を迎える債券など、ほかのドル建て債券もデフォルトとみなされる可能性がある。  

・米ドル債がデフォルトしても、中国国内で発行した人民元建て債はデフォルトとみなされない。 

・中国では社債がデフォルトとなってもすぐさま事業停止につながるわけではない。 

・債務整理の手法や順番は日本と中国で異なり、中国では法的整理に行き着くまでのプロセスが長い。恒大集団の場合も、すぐに法的整理とはならないとみられている。 

・10月21日、中国恒大集団と傘下の不動産管理会社・恒大物業集団は、香港市場で停止していた株式の売買を再開した。


 恒大は米ドル債の利払いを見送っている 

・9/23     2億3200万元…○  8353万ドル…× 10月23日に1か月の猶予期間到来  

・9/29    4750万ドル…×  

・10/12   1億4813億ドル…×  

・10/19   1億2180億元…×  

・10/23  9/23見送り猶予期間期限終了・・8353万ドル…○

・10/29  9/29見送り猶予期間期限終了…?

・10/30  1425万ドル…?

・11/8    8249万ドル…? 

・11/11  10/12 見送り猶予期間期限終了…?

・12/28   2億5520万ドル

毎朝メルマガを配信しています。 皆さまの日頃の投資術にプラスして何か一つでもヒントとなる情報がご提供できれば幸いとの思いで書いています。

ぜひ一度ご購読ください。よろしくお願いいたします。

トレーダーズショップ: たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ

また【たけぞう】へのセミナー、寄稿記事のご依頼、メルマガのサンプルをご覧になりたい等、につきましては↓お問い合わせより承っております。どうぞお気軽にお声掛けください。

takezoをフォローする
たけぞうと学ぶ株の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました