ブリッジサロン主催のセミナーに登壇しました

4月2日(土)プレミアムブリッジサロンのIRセミナーに登壇しました。

会場にお越し頂いた方、ライブ配信をご覧頂いた皆さま、ありがとうございました。

今回の内容は「たけぞうが読む、今後の米国株」でした。
金融政策についてや、米国のロシア制裁、サイバーセキュリティ、ARKKとマザーズ市場の動きなどについてお話しました。

特に、米国の金融政策については把握しておくことをおすすめします。
要点は以下の通りです。

・今後は金利の引き上げペースと量的引き締めの実施時期に焦点が移る

・2022年の利上げ見込み回数に関する委員の中央値は物価見通しの上方改定などにより、今回は7回

・2022年のFOMCは残り6回ですが、この見込み通りに進む場合、今後の会合で毎回利上げが行われることを想定

以下の記事にFOMCなどの意味についてまとめています。ぜひ参考にしてください。
あわせて読みたい
FRBやFOMC、量的緩和、テーパリングとは?株価への影響なども解説! 新型コロナが流行し始めてから、ニュースなどでタイトルのような言葉を目にすることが多くなりましたね。 そこで今回は、おさらいも含め、言葉の意味や株式市場への影響...
そしてロシアへの制裁についてです。もしも、ロシアが停戦交渉に応じたとしても各国のロシアに対する制裁はしばらく続くようなので、商品や原油など、高騰した資源価格は今の高い水準がしばらく続くと予想します。

商品市況などをこまめにチェックすることをおすすめします。

主催のブリッジサロン様、スタッフの方々、ご覧頂いた皆さま、本日は本当にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる