たけぞうと学ぶ株の世界 > 注目記事一覧 > グリーン成長戦略 ⑯ ⑰
注目記事一覧

グリーン成長戦略 ⑯ ⑰

注目記事一覧

グリーン成長戦略⑯ ⑰の予算の詳細

⑯「次世代航空機の開発 (WG3) 」プロジェクトに関する 研究開発・社会実装計画

プロジェクト事業総額 上限 210.8億円(国費負担額のみ、インセンティブ分を含む額)

【研究開発項目1】

●水素航空機向けコア技術開発


①水素航空機向けエンジン燃焼器・システム技術開発 予算額上限 116.3億円

予算根拠:エンジン燃焼器の開発・実証には過去事業(NEDO「環境適応型小型航空 機用エンジン研究開発」(10年間))と同程度の開発費用が必要であることに加えて、水素燃料供給に必要な試験設備の価格等を参考に算出


②液化水素燃料貯蔵タンク開発 予算額上限 48.5億円

予算根拠:主な開発内容は軽量で耐久性、信頼性を持つタンク構造の開発となることから、 既存事業(NEDO「次世代複合材創製・成形技術開発プロジェクト」(5年間))の想定開発費用を基本として、水素供給システムの開発費用等を加算

【研究開発項目2】

●航空機主要構造部品の複雑形状・飛躍的軽量化開発


予算額上限 35.8億円

予算根拠:航空機等における炭素繊維複合材の適用拡大を図るため、成形技術等を開発した過去事業の開発費用を参考にし、必要な国費負担割合・補助率等を加味して試算

⑰「次世代船舶の開発 (WG3) 」プロジェクトに関する 研究開発・社会実装計画

プロジェクト事業総額 上限 350億円(国費負担額のみ、インセンティブ分を含む額)

【研究開発項目1】

●水素燃料船の開発

予算額上限 210 億円

予算根拠:水素燃料船のエンジン・燃料タンク・燃料供給システムの開発に必要な材料試験を含む要素技術試験費、部品等試作費、計測機器費、設計費、陸上試験装置制作費等の参考見積(複数社から取得)等に基づき試算

【研究開発項目 2】 

●アンモニア燃料船の開発

予算額上限 119 億円

予算根拠:アンモニア燃料船のエンジン・燃料タンク・燃料供給システム・バンカリング船の開発に必要な材料試験を含む要素技術試験費、部品等試作費、計測機器費、設計費、陸上試 験装置制作費等の参考見積(複数社から取得)等に基づき試算

【研究開発項目3】 

●LNG 燃料船のメタンスリップ対策 

予算額上限 21 億円

予算根拠:触媒方式及びエンジン改良方式の双方の開発に必要な触媒開発・試験費、燃焼試験費、設計費、陸上試験装置制作費等の参考見積(複数社から取得)等に基づき試算
引用元 経産省
引用元 経産省
引用元 経産省
毎朝のメルマガは【主なニュース】 【NY市場の動き】 【今日の注目点】 【個別銘柄のニュース】を中心に配信しています。
特に【今日の注目点】ではその日の値動きに直結するような出来事をピンポイントで記載しています。市場のツボが一目瞭然です。
その他にも大量保有報告、レーティング、決算、政治、国策、実際の売買例 など幅広くピックアップしてお送りしています。

皆さまの日頃の投資術にプラスして何か一つでもヒントになればとの思いで書いています。

この機会にぜひ下記URLからお申込みいただければと思います。
トレーダーズショップ: たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ
takezoをフォローする
たけぞうと学ぶ株の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました