たけぞうと学ぶ株の世界 > 注目記事一覧 > グリーンプロジェクト
注目記事一覧

グリーンプロジェクト

注目記事一覧

グリーン成長戦略について

2050年カーボンニュートラルの実現は並大抵の努力では実現できず、エネルギー・産業部門の構造転換、大胆な投資によるイノベーションの創出といった取組を大きく加速することが必要です。

そのため、グリーン成長戦略に基づき、予算、税、金融、規制改革・標準化、国際連携など政策を総動員します。

経産省

2050年に向けて成長が期待される、14の重点分野を選定

・ 高い目標を掲げ技術のフェーズに応じて実行計画を着実に実施し、国際競争力を強化

・ 2050年の経済効果は約290兆円、雇用効果は約1800万人と試算 

・14分野を3つのWGに分けて予算を配分

WG1・・グリーン電力の 普及促進分野 

WG2・・エネルギー 構造転換分野 

WG3・・産業 構造転換分野 

① 洋上風力・ 太陽光・地熱(WG1)

・ 2040年、3000~4500 万kW導入【洋上風力】 
・2030年、発電コスト14 円/kWhを視野【太陽光】

② 水素・ 燃料アンモニア (WG2)

・2050年、2000万トン 程度の導入【水素】 
・東南アジア、5000億円市場【燃料アンモニア】 

③ 次世代 熱エネルギー (WG2)

・2050年、既存インフラに合成メタンを90%注入 

④ 原子力(WG1)

・2030年、高温ガス炉のカーボンフリー水素製造技術を確立

⑤ 自動車・ 蓄電池 (WG3)

2035年、乗用車の新車販売で電動車100% 

⑥ 半導体・ 情報通信(WG3)

・2040年、半導体と情報通信産業のカーボンニュートラル化 

⑦ 船舶 (WG3)

・2028年よりも前倒しでゼロミッション船の商業運航実現

⑧ 物流・人流・土木インフラ (WG3)

・2050年、カーボンニュートラルによる港湾や建設施工等における脱炭素実現

⑨ 食料・農林水産業(WG3)

・2050年、農林水産業における化石燃料起源のCO2ゼロミッション化を実現

 航空機 (WG3)

・2030年以降、電池などコア技術を段階的に技術搭載

⑪ カーボンリサイクル・マテリアル (WG2)

・2050年、人工光合成プラを既製品並み【CR】
・ゼロカーボンスチールを実現【マテリアル】

⑫ 住宅・建築物・次世代電力マネジメント(WG1)

・2030年、新築住宅・建設物の平均でZEH・ZEB【住宅・建設】

⑬ 資源循環関連 (WG2)

・2030年、バイオマスプラスチックを約200万トン導入

⑭ ライフスタイル関連(WG1)

・2050年、カーボンニュートラルかつレジリエンスで快適な暮らし

次回WG別プロジェクト&進捗状況をなどをまとめて配信します。

引用先 経産省

takezoをフォローする
たけぞうと学ぶ株の世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました