たけぞうのセミナー情報 2023年2月 (随時更新)

相場サイクルについて分かりやすく解説!

【PR】

毎朝、その日の相場観や注目点などを音声にて配信しています。その他詳細、お申し込みはこちら

目次

相場サイクルとは?

株式相場には4つの相場サイクル【金融相場・業績相場・逆金融相場・逆業績相場】があります。
大まかに、金融相場と業績相場は株価が上昇傾向、逆金融相場と逆業績相場は株価が下落傾向という特徴があります。



それぞれの4つの局面について、詳しく解説していきます。

『金融相場』について

中央銀行が金融緩和を行い、株価が上昇し始める時が金融相場です。将来の景気回復を期待し、株価が上昇しやすくなります。
低金利になり、世の中にお金が出回ることで企業は借り入れをしやすく、また利払い負担が軽くなることで設備投資を積極的に行いやすくなります。
この局面では、成長性が高いとされるIT関連や新興企業などの「グロース株」が上昇しやすくなります。
また、金利低下により恩恵を受ける不動産セクターや景気敏感セクターも上昇しやすいです。

金融相場時に強いセクター

不動産、金融、鉄鋼、化学、工作機械、IT、バイオなど

『業績相場』について

景気や企業業績の改善が株高を牽引する相場のことを業績相場と言います。
不況時に落ち込んだ業績の回復が見込まれるため、景気拡大でメリットを受ける業種の株価が上昇しやすくなります。

業績相場時に強いセクター

好業績銘柄、新興銘柄、割安株、IPO、自動車、商社など

『逆金融相場』について

景気や企業業績の拡大は続いているものの、中央銀行の金融引き締めにより景気後退の兆候が見え始め、株価が下落し始める時を逆金融相場と言います。
企業業績の頭打ちや悪化が見込まれる逆金融相場では、景気変動に敏感なセクターの株価は下落しやすくなります。
一方、電気・ガスなどのインフラ、生活必需品など日常生活に欠かせないモノやサービスを提供する企業には、一定のニーズが存在します。
景気後退期でも需要が落ち込むリスクが相対的に低いと考えられるため、このような業種に資金が向かいやすくなります。
また、金利が上昇しても業績に影響が出にくい無借金企業など、バランスシートが健全な企業が上昇しやすくなります。

逆金融相場時に強いセクター

財務体質やバランスシートが安定している企業(低PER、低PBR、高配当など)、インフラ、生活必需品など

『逆業績相場』について

金融引き締めにより景気が後退し、企業業績や消費が落ち込み、本格的な下落トレンドとなることを逆業績相場と言います。
「逆金融相場」と同様に景気と業績の連動性が低い医薬品やインフラ、生活必需品といったディフェンシブセクターに資金が向かいやすくなります。
また、高金利でメリットを受ける銀行、保険会社などの金融セクターも注目されやすくなります。
そして、中長期的に見ると優良株の仕込み時とも捉えられます。

逆業績相場時に強いセクター

景気と業績の連動性が低い医薬品、建設、インフラ、生活必需品、金融など

中間反発・反落局面
「逆金融相場」と「逆業績相場」の間では中間反発が、「金融相場」と「業績相場」の間では中間反落が起こりやすいです。

まとめ

相場は景気と金利の動向により、4つの相場局面で循環することが多いですが、1つのサイクルの長さや上昇・下落の大きさは様々です。
そして、サイクルが変化するきっかけは中央銀行の金融政策です。金融政策決定会合や米雇用統計などの重要経済指標を日々チェックすることをおすすめします。

PR

以下の画像↓をタップまたはクリックし、メールアドレスをご登録いただくと無料で株式投資に関する情報が受け取れます。

内容

  • 毎週無料で銘柄を2つ提供
  • 提供した銘柄のサポート

メールアドレスのご登録のみで情報が受け取れます!ゴールドリサーチ投資アドバイザリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次